仕事以外の楽しみがいつの間にか疑惑の恋愛へ!不利の物語

仕事以外の楽しみがいつの間にか疑惑の恋愛へ!不利の物語

以前から、仕事以外の楽しみが欲しいと思っていた私は、数ヶ月前から絵を描き始めました。
絵と言っても、日本画や油絵などといった本格的なものではなく、ノートや手帳にさらっと描く程度のものなのですが、これが意外と自分に合っていて、良い気分転換になっています。

 

もともと絵を描くのは好きだったのですが、私の描く絵やイラストは、漫画チックなものが多く、世の人に見せられるような代物ではもちろんありません。ただ、その日の出来事を振り返ったり、人間観察をしていて、ふと思いついたことを絵で表現することはなかなか面白いと感じたのです。

 

 

 

急いでしまう感覚は恋愛でもある。もう一つの感覚として不倫をしてはいけないことはわかっているけど、恋は盲目と言われているぐらい冷静に判断はできない。
好きな人ができて、既婚者だった。こんな経験はありませんか?色んな意味で不倫をしたい人にはこちらのサイトが非常におすすめです。

 

 

 

真剣に不倫したい人に向けたサイト

 

 

 

最近は同窓会やPTAが不倫をする為の空間になっているんだとか。特に数年ぶりに再会をしてみると違った印象を受ける事も非常に多いですよね。
昔は凄く友人的な目線でしか見れなかった女性を素敵に見えてしまう。

 

 

結局不倫をするのはタイミングとか、バレないための何かが自然と必要になってくるのかもしれませんね。

 

 

 

人間観察をしていると恋愛に気持ちが映るようになる。不倫をテーマにした昼ドラマが視聴率が高い理由は願望がせめぎ合っているんだと感じてしまう。
略奪愛をして成就するケースは非常に少ない。誰かが言っていた言葉、自分がしたことは必ず返ってくるということ。

 

最近は、絵の他に、思った気持ちを文章にして手帳やメモ帳につづるようにもなりました。例えば、買い物をしていて、お店のスタッフの方の接客がとても気持ち良かった時は、「その笑顔で、どれほどの人の幸せを作っていることか。元気をもらいます。」などとメモしたりしています。そして、その言葉に合うイラストや絵を描くようになりました。簡単に言えば、大人版絵日記のような感覚です。

 

いつの間にか、こういった自己表現になり、今では何となく書いた言葉や絵が、ノート3冊分にもなっています。時には、自分の不甲斐なさや、悔しかったこと、悲しかったことも書いています。メモに残していなかった時期は、こういう気分の時には、頭にいつまでもそのモヤモヤが残っていたのですが、言葉や絵にするようになってから、不思議なことに、頭のモヤモヤが整理できるようになったのです。言葉にしたり、絵にすることで、気持ちが穏やかになったり、つまりは、気分を変えることに成功したようです。

 

何気なく始めたものが、しだいに趣味になり、今では意識しなくても自然と書く習慣がつきました。
作品というよりは、自己満足に近いような作業になっていますが、メンタル的なケアには大いに役立つ趣味でもあります。

 

今後の野望としては、できればコンテストなどに応募することです。
やはり人間である以上、人に認められたいというのが本音です。日常で思ったことをつづった文章や絵が、人の気持ちを癒すことができたらいいなと思っています。
とにかく今は、そんな夢ができたことに大きな喜びを感じています。